巡査達の顔

 これを見た銀次はチョット狼狽したらしかった。巡査達の顔を素早くツラリと見渡したまま固くなっていたが、やがて覚悟をきめたらしく、軽いため息を一つ鼻から洩らすと、縄を解《と》く邪魔にならないように、すこし横に立退《たちの》いた。入口に立っている巡査の背後をスリ抜けて一気に表へ飛出せる位置に立った。古ぼ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 12:57 pm  

コンナ常習犯の奴の手口

「フーム、コンナ常習犯の奴の手口は、アイソ、サグリ、ノリと云うて、三度手を入れてみるものじゃがのう。最初に手を入れた時に捕えようとしても決して捕えられるものじゃないがのう」 これは銀次と肩を並べている痩せ枯れた胡麻塩鬚《ごましおひげ》の巡査部長の質問であった。しかし銀次は平気で答えた。「ヘエ。そ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 12:57 pm  

魂消《たまげ》るような女の声

 突然、家の中からケタタマシイ叫び声が起った。魂消《たまげ》るような女の声で、「……何すんのかア――イ……」「………」「アレッ……堪忍してエ――ッ」「……………」「……嘘|吐《つ》き嘘吐き。ええこの嘘吐き……エエッ。口惜しい口惜しい口惜しい口惜しい……」 という叫び声と一所にドタンバタン...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 12:56 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0974 sec.

http://best-cars-directory.org/