犬養木堂

 犬養木堂は議会で見ただけであった、右掌を腮《あご》に、臂《ひじ》を卓上に左の手をズボンのかくしに突込んで、瘠《や》せこけたからだに眼を光らせて、馬鹿にしきった形で議会を見おろしていた処がなかなかよかった。 それから全く風采を見ない人であるけれども、同時代在野の政治家として、星亨ほどの人物は無いと...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:19 am  

余輩の生れた明治十八年という年

 少々混線するが少し前に戻って、余輩の生れた明治十八年という年に、ビクトルユーゴーが死んだのも奇縁と云わば云える、余の生れは四月四日で、ユーゴーの死んだのは五月二十二日だから何かの因縁を結びつけるには相当の時間である、余輩を以て日本の馬琴に比するものはあるが、それは当を失している、余には作家としての...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:18 am  

日本歴史上の名将

 軍人として、日本歴史上の名将東郷平八郎元帥の俤《おもかげ》をすら親しくは余は一度も見たことがない、乃木大将は或時士官学校の前から四谷の方へ出る処、荒木町であったか、あそこを通りかかった時にひょこひょこと質朴な老軍人が坂を上って来ると思ってよく見たらそれが乃木将軍であった、後ろに人力車を引き連れてい...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:17 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0113 sec.

http://best-cars-directory.org/