大菩薩峠の事

冠省御無沙汰に打過ぎて居りまするがお変なき事と大慶に存じます。扨ていろ/\御無理を申して御煩せしてからもう三年に近くなります、小生が御音信をしたり、御訪ねをすると屹度《きつと》大人のお煩ひになることを恐れますが、でも小生の止むに止まれぬ願を更めてお胸にお止め下さいまし、あれからとても諦めねばな...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:10 am  

病名は中耳炎

 そのうちに、沢田があの通り若くして斃《たお》れることになってしまった、病名は中耳炎ということであったが、なあに中耳炎のことがあるものか、ああいう無理の行き方をすればまいって了《しま》うのはあたり前である、沢正なればこそあれだけにやったのだ、普通の人なら少くとも五年前に死んでいたのだ、その後は意地だ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:09 am  

大震災前後の事

 それは大震災前後の事であった、それ以前沢正の傍若無人な人気の増長振りが警視庁あたりでも睨《にら》まれていたようだ、なに警察の干渉などは人気になって却ってよろしいなどと放言していたこと等が甚だ当局の癪にさわっていたようである、そこで、公園劇場での賭博問題がきっかけとなって、彼等一党が総検挙をされたよ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:09 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0105 sec.

http://best-cars-directory.org/